甘皮

甘皮

ネイルサロンに行くと一番最初に甘皮処理をすると思います。甘皮って一体なんでしょうか。爪の生え際にある皮膚と爪との境目にある皮の事を甘皮と呼びます。

 

甘皮は爪と皮膚の境目から細菌が入らないように防ぐ役目をしているのです。そういった大事な役目をしているので、甘皮を綺麗に処理しすぎてしまうと、逆に爪に負担がかかってしまうのです。赤く腫れてしまったり変色してしまったりしますので、甘皮の処理はやりすぎは注意しましょう。

 

この甘皮は手入れをこまめに行っている人はあまり生えてこなくなります。逆にお手入れを怠っているとカサカサになってしまったりしますし、ササむけてしまったり甘皮が段々と厚くなっていったりします。自分で甘皮の処理をすることも出来ますが、やりすぎると良くないのでネイルサロンでネイリストさんにお手入れをしてもらいましょう。

 

左右対称に綺麗にバランスよくお手入れするのは一人ではなかなか出来ません。マニキュアをしなくても甘皮を綺麗にお手入れするだけでも十分に綺麗な手に見えます。こまめにお手入れをすればもう生えてこなくなりますので、最初頑張ってお手入れをしてあげるようにしましょう。

 

甘皮専用のクリームも売っていますので、自分でやる場合にはクリームを甘皮に塗って暫くおいて少しこするだけで結構綺麗になったりします。甘皮には保湿も重要ですので、甘皮専用のオイルなどで保湿をしてあげましょう。ネイルも顔と同じで保湿が大事なのです。ハンドクリームで代用できますので、乾燥させないようにしてあげて下さい。