足の爪

足の爪

ネイルは手だけではありません。ペディキュアと言って足に塗るネイルもあります。手のネイルよりも足のネイルの方が何倍も難しいと言われています。

 

ペディキュアを上手に塗るためには、まず足の指と指の間に物を挟む必要があります。今ではトゥーセパレーターという足の指を広げる道具も売っていますので、ペディキュアをするときに便利ですよね。そういった物を足の指に挟んでペディキュアをしましょう。足の指と指はくっついてしまいがちですので、ペディキュアの時に指が爪に重なって綺麗にペディキュアが塗れなくなってしまいます。もしこのセパレーターがない場合にはマジックなどを挟んで代用することも出来ます。足の爪は手の爪と異なり幅が広いので、マニキュアが汚いとその分目立ってしまいます。

 

逆に綺麗に塗ることが出来ればその分足が映えます。まず甘皮をふやかして爪の表面を綺麗にしてあげるようにしましょう。手の爪と同じように、ベースコートを塗ってマニキュアを塗ってトップコートで仕上げをするだけですが、手に塗るのと唯一違うのが近くで塗れないということです。ストレッチなどをして身体を柔らかくして出来るだけ目から近く塗れればはみ出している場所も分かるようになります。足の爪をファイリングするのは結構え難しいので、ケアだけでもネイルサロンにお願いする人が多いようです。

 

夏になるとサンダルを履く機会が増えてきますので、足の爪まで綺麗にしておきましょう。ネイルをしているだけでお洒落な感じがしますよね。