爪と健康

爪と健康

爪の異常には他にも様々なものがあります。自分の爪をよくよく見つめてみると、これは異常なのかなと思う人もいるでしょう。本当に異常なことで治療が必要な状態なのかもしれませんし、そうではなく健康な状態で気にすることもないのかもしれません。

 

ネイルアートをやめた状態で、一度観察してみてください。例えば爪の色が普段と変わっている場合、それは爪が病気になりかけているのかもしれません。

 

爪が白っぽくなっていたら、爪事態になにか変調が起こっているのかもしれませんが、爪以外の病気、例えば肝臓が悪くなっているという可能性もあります。紫っぽくなっているなら、血流がおかしくなっていることもあります。

 

赤っぽくなっている人は血液の成分が普通ではない状態かもしれません。心臓関係の病気かもしれません。黒に近い色ですと病気の可能性もありますが、爪のしたにホクロができていたり、どこかで打ったりして瘡蓋が出来ているだけということもあります。爪に横に一本線を引いたような模様が出るときは栄養状態が悪いこともあります。

 

また、どこかで爪に強い圧力を受けた場合にこうなります。指と爪両方の、指先だけが大きくなる状態ですと内蔵に負担がかかっている場合があります。爪が普通とは反対側に反っている状態ですと、貧血などの状態になっている可能性があります。しかし指先を使う仕事をしている人にも現れていて、その場合は心配ありません。こういったところから病気がわかりますので、美容以外の視点からも指先を眺めましょう。