ネイルアートのトラブル

ネイルアートのトラブル

ネイルアートは便利な反面、気を付けなければならない事がたくさんあります。爪の状態が悪くなったりしないように、どうしたらいいか考えていきましょう。

 

健康被害の原因はいくつかあるのですが、ひとつ目はカビのトラブルです。自分の爪と付け爪の間に雑菌が入ると言うものです。こういった事は技術の高い人がやれば起こりにくいものですが、自己流でネイルアートをやったりしていると起こります。

 

また爪を薄くなりすぎているという人もいます。ネイリストにもよりますが、爪を薄くしすぎて知覚過敏になってしまうというものです。熟練者ならばこうはならないのでしょうが、慣れていないネイリストならば失敗してしまいます。

 

見た目にこだわるのですが、この二つの状態になってしまうと、アートがどうこう言っていられません。すぐにつけ爪をはずしましょう。

 

また、サロンにいってこの様な状態になったのなら、すぐに違うサロンに変えるべきですね。技術の低いネイリストに施術を受け、また、そういったネイリストに仕事を任せるサロンに期待できることはないでしょう。他にも乾燥しすぎるという症状が出ることがあります。

 

除光液の成分が爪を乾燥させているのです。ネイリストに聞けば爪への負担が少ないものもありますから、相談して変えてもらいましょう。やはり店選びがもっとも重要だと言えるでしょう。口コミサイトなども完全に信用できるわけではないですが、何かの参考にはなるでしょう。近所のサロンを検索すれば、大抵のところはレビューがでてくるはずです。