肝臓エキスの効果

肝臓エキスの効果。二日酔いには有用だが肝機能対策にはイマイチ

巷にある肝臓エキスを配合している商品。一体どんな効果があるのか気になるところですよね?

 

結論を言ってしまうと、アルコールに伴うトラブル(主に二日酔いなど)には効果を発揮しますが、脂肪肝や肝機能対策としての効果は限定的だと考えます。

 

肝臓エキスの効果や、効果を限定し考える理由、1つずつ解説していきたいと思います。

アルコールへの効果

まず、二日酔い対策などに対しては肝臓エキスは有用な成分だと言えるでしょう。すでにTOPページで説明したように、肝臓エキスに含まれるアルコール代謝をサポートする成分として

  • アミノ酸
  • ビタミンB群

 

両成分ともアプローチこそ違えど、肝臓におけるアルコール代謝をサポートする栄養素です。

 

アルコールは代謝過程において、アセトアルデヒドという有害物質に変化します。そして、肝臓はこのアセトアルデヒドを無毒化する働きを担っています。

 

2つの成分は、アセトアルデヒドの無害化をサポートしてくれます。アセトアルデヒドが体に残るのが二日酔いになので、両成分を摂取することで対策となり得ます!

赤くなる?顔色対策

お酒を飲むとすぐに顔が赤くなって恥ずかしい思いをしている。女性なら赤くなって可愛い!と思われるかもしれませんが、男性ならちょっと恥ずかしいものですよね?

 

特に女性と一緒に飲む時など、すぐに顔が赤くなってしまうと、お酒を全然飲めないような印象を与えてしまって。。。なるべくなら顔が赤くならないようにしたい。

 

肝臓エキスは、顔が赤くなって困っている男性の味方にもなってくれるでしょう。

 

顔が赤くなるのは、アルコールから代謝されたアセトアルデヒドが血管を拡張するから。

 

拡張した血管に多くの血流が流れ、皮膚が薄いまぶたや顎、首など、皮膚から血管が透けて赤く見えるのです。

 

つまりアセトアルデヒドを素早く無害化することができれば、結果的に顔や顎が赤くなるのを抑制できるわけです。

 

そしてそのためには、肝臓の機能を高めれば良いという結論に至り、さらにそのためには肝臓エキスに含まれているようなビタミン B 群やアミノ酸の積極摂取が有効なわけです。

肝機能対策になるか?

残念ながら肝臓エキスに「直接的に肝機能を改善する効果はない」でしょう。あくまで肝臓エキスは動物のレバーなので・・・。

 

ただし肝臓エキスには、肝臓に良い食べ物として、すでに述べた通りアミノ酸やビタミン B 群などが豊富に含まれています。

 

つまり肝臓をいたわる成分構成なので、間接的には肝機能対策となり得ると考えられます。

 

「γ-GTP」 が高い方や「脂肪肝」の方も同様です。これらを直接的に改善する効果がありませんが、肝臓を保護するという観点からして、肝臓エキスはサポート的な役割を担うでしょう。

貧血対策になるか?

 

これについては「YES」と答えます。すでに述べたように、肝臓エキスには鉄分が含まれています。

 

食べ過ぎには注意が必要ですが、元々鉄分が不足しがちな女性にとっては、鉄分の補給となり貧血対策に心強いパートナーとなるでしょう。

疲労回復や目覚め対策になるか?

なりません。

 

なんとなく日々だるいとか疲れが抜けない、だるくて朝が起きられないといった悩みをお持ちの方は、オルニチンサプリの方が良いと思います。

 

オルニチンは、疲労の原因となるアンモニアを無毒化するサイクルを促進させる働きがあるため、お疲れ対策には肝臓エキスよりもオルニチンが良いです。

尿酸値が高い人は注意が必要

尿酸値が高い方は肝臓エキスの摂取には注意が必要です。 肉食は尿酸値を上げる要因の一つとなるので、動物のレバーも尿酸値を上昇させるリスクがあります。

 

もちろん適度に食べる分には問題ありませんが、過度に肝臓エキスを摂取することは避けた方が良いです。

肝臓エキスの摂取タイミング

肝臓エキスは薬ではないので、基本的にいつ摂取しても構いません。 ただ、アルコール対策の場合は飲むタイミングを調整した方が良いです。

 

ずばり摂取すべきタイミングは、アルコール摂取前です。

 

飲む時間が短時間であれば、飲酒後でもOKですが、長期戦になる場合は事前に肝臓エキスを摂取しておき、アルコールの分解に備える方が良いでしょう。

まとめ

  • 肝臓エキスは、肝臓の働きをサポートする成分が含まれる。
  • ゆえに、アルコール対策(二日酔いなど)には使える
  • 肝機能を改善する効果は無い
  • 肝臓の働きをサポートするので「結果的、間接的に」肝臓の数値対策にはなる

参考文献、サイト

肝機能対応素材 肝臓(レバー)エキス

【二日酔いだけじゃない】肝臓エキス成分から見る期待効果

酒飲みには有用な成分がたっぷり含まれている肝臓エキス。具体的にはどんな成分が含まれているのか・・・?

 

[char no=”1″ char=”オジサン困った”]本当に肝臓に有用な成分が含まれているのか・・・!?[/char]

 

1つずつ見ていきたいと思います。

豊富なアミノ酸が二日酔い対策となる

なんといっても肝臓エキスにはアミノ酸が豊富です。必須アミノ酸をはじめ、エネルギー代謝や筋肉作りに深く関与しているBCAAという分岐鎖アミノ酸を豊富に含みます。

 

成分例として、レバーHIという商品のの栄養成分構成を見てみましょう。

参考:https://www.e-expo.net/information/liver/

 

BCAA(バリン、ロイシン、イソロイシン)を多く含むことはもちろんのこと、アルコール代謝・肝機能保護に関して、特に着目すべきはアミノ酸は以下の通りです。

  • アラニン
  • オルニチン

 

これら両アミノ酸成分は、アルコール代謝に深く関わり、同時に肝機能の働きにも密接に関係し合っています。

 

1つずつみていきましょう。

アラニンがアルコール代謝を助ける

アラニンはアミノ酸の中でも糖原性アミノ酸といって、それ自体がエネルギー源になることができるアミノ酸です。肝臓の栄養源を作り出し、肝機能を活性化させる働きがあります。

 

それだけではなく、アルコールの代謝過程で生じるNADHという補酵素を消費してくれます。このNADHが存在するとアルコールの代謝が停滞してしまうのですが、アラニンが十分量存在することでNADHを消費しつづけてくれます。

 

つまり、成分としてアラニンを多く含む肝臓エキスは、アルコール対策に有用で二日酔い対策にもなるわけです。

オルニチンは肝機能対策にも

もう1つ見逃せない成分がオルニチンです。

 

オルニチンは、尿素サイクルというアンモニアの解毒に深く関与する成分で、オルニチンが十分存在することで、肝機能を十分に機能させアルコールを適切に代謝できるようにします。(尿素サイクルは別名オルニチンサイクルとも呼ばれます)

 

タンパク質の代謝過程で生じるアンモニアは、我々の体にとっては有害な物質です。アンモニアは、TCAサイクルというエネルギーを作り出す代謝サイクルを阻害する悪さをします。

 

体内にアンモニアが過剰に存在すると、このサイクルが阻害され、疲労感が抜けなかったり、目覚めが悪かったりと様々な体の不調をきたします。

 

そして、アンモニアを処理(無害化)するのも肝臓の役割です。アンモニアによってTCAサイクルが阻害されると、肝臓にエネルギーが十分に供給されず、肝機能を十分に働かすことができません。

 

すると、アルコールから代謝された有害物質であるアセトアルデヒドの分解も十分に行われず、結果として悪酔いしたり二日酔いになったりします。

 

肝臓エキスには、一定量のオルニチン成分も含まれるので、二日酔い対策として有用だと考えられます。

※オルニチンの含有量は、しじみエキスの方が圧倒的に多いので、肝機能を保護する目的があるならしじみエキスの方がオススメです。

肝臓エキスには男性に嬉しい「亜鉛」が豊富

肝機能や二日酔い対策とは直接的に関係はありませんが、男性にとって嬉しい成分である「亜鉛」が肝臓エキスには豊富に含まれいています。

 

亜鉛と言えば「牡蠣」を思い浮かべるかもしれませんが、実は豚レバーにも多く含まれているのです。肝臓エキスに使用されるのは基本的に「豚」なので、多くの亜鉛を摂取することが可能です。

参考:http://www.eiyoukeisan.com/calorie/nut_list/zinc.html

 

男性にとって亜鉛の嬉しい効果、代表的なものを2つ紹介したいと思います。

  • 薄毛対策
  • 精力増強

 

薄毛対策

髪の毛の構成成分はタンパク質です。タンパク質の構成要素はアミノ酸であり、髪の毛はそのなかでも「ケラチン」という成分で作られています。

 

そして、ケラチンの合成には「亜鉛」が不可欠なのです。

精力

亜鉛は男性の前立腺の中に多く存在し、精子の合成の際には必ず必要となる成分です。現代人は亜鉛の摂取量が不足傾向にあり、最近なんだか夜の生活が衰えてきたという方には是非オススメしたい栄養素が亜鉛です。

鉄分も豊富

レバーには鉄分も豊富です。男性の場合は鉄分不足になる可能性は低いですが、女性には嬉しい成分なので、貧血気味の方にも肝臓エキスはオススメです。

肝臓エキスは脂肪肝に効果的?タンパク質が重要なのは事実だが・・・

アルコールの摂取しすぎで・・健康診断で異常が・・・!

 

そして、、、脂肪肝になってしまったという方。

 

ヤバイと思って運動や食事といった対策はしているけど、もっと別にサプリなども併用して対策をしたいと思っている・・・!

 

そんな時に目にしたのが肝臓エキスという成分。

 

[char no=”1″ char=”オジサン困った”]

文字通りなんとなく肝臓に良さそうだけど、本当に脂肪肝などに有用な成分なのか?

肝臓のためには動物の肝臓を食べるのが良いって言うけど本当か・・・?

[/char]

疑問を1つずつ紐解いていきたいと思います。

脂肪肝に肝臓エキスは有用なのか?

結論から言ってしまうと、肝臓エキスは豊富なアミノ酸を含むので、適切量を摂取する限りは脂肪肝対策となり得るでしょう。

 

後ほど述べますが脂肪肝対策として、運動野飲酒の制限の他、食物繊維やタンパク質の適切な摂取は脂肪肝対策にとって有用なので。

 

参考:http://www.health.ibaraki.ac.jp/ibaraki_HP/s-shiboukan.html

なぜ脂肪肝になるのか?

脂肪肝になる原因は複数あるのですが、ここではアルコール性の脂肪肝について 原因を考察していきたいと思います。

 

まず、 アルコールは脂肪肝の原因となります。アルコールが肝臓で分解される際、中性脂肪が合成されやすいためです。

 

また、アルコール自体もカロリーが高くそのおつまみも高カロリーです。するとどんどんメタボ体型になっていきます。

 

そして肥満の人は脂肪の燃焼効率が悪く、肝臓の中性脂肪もなかなか燃焼されないという負のスパイラルに陥ります。

 

これで脂肪肝の完成です・・・。

 

参考:https://www.sawai.co.jp/kenko-suishinka/illness/201412.html

確実に効果があるのは運動

脂肪肝対策として効果があるのはやはり運動です。1日あたり30分以上のウォーキングをすることで、 脂肪肝が改善したというような報告もあります。

 

肝臓に溜まった脂肪酸が遊離脂肪酸となって放出するため、1日30分以上のウォーキングが効果的で、肝臓の脂肪を減らす働きがあると報告されています。

緑茶も良い

ちなみに緑茶を飲むことも脂肪肝対策が良いです。緑茶に含まれるカテキンが体内の活性酸素を除去する働きをしてくれます。

 

また、悪玉の ldlコレステロールを下げる働きがあり、 肝臓に脂肪がたまるのを防いでくれるのです。

間食や果糖を控えめに

注意が必要なのは果糖です。果糖は吸収が良く肝臓で容易に中性脂肪になります。

食べる順番にも意識を

食べる順番にも意識をすることが必要です。ポイントは血糖値を急速に上昇させないこと。

 

空腹状態で先に甘いものを食べると、インスリンが活発に反応し、血液中の頭を中性脂肪として蓄えるようを働きます。

 

これは肝臓も同じことなので、血糖値の急激な上昇は脂肪肝のリスクを孕みます。

 

ですから脂肪肝対策として食べる順番としては、野菜などの「おかず」 から食べていくのが肝臓に優しい食べ方です。

肝臓エキスと脂肪肝の結論

  • 肝臓エキスはアミノ酸(タンパク質) を豊富に含むので肝臓に良い食べ物。
  • 脂肪肝対策としてはタンパク質を適切に摂取することが必要なので、 肝臓エキスは対策の一つとなり得る。
  • ただしタンパク質の過剰摂取は逆に肝臓に負担をかけるので注意が必要。

 

肝臓数値対策に特化するのであれば、オルニチンが豊富なしじみエキスタウリンが豊富な牡蠣エキスなどをブレンドした商品が良いでしょう。

 

代表格としてはレバリズム-Lが挙げられます。