肝臓エキスは脂肪肝に効果的?タンパク質が重要なのは事実だが・・・

アルコールの摂取しすぎで・・健康診断で異常が・・・!

 

そして、、、脂肪肝になってしまったという方。

 

ヤバイと思って運動や食事といった対策はしているけど、もっと別にサプリなども併用して対策をしたいと思っている・・・!

 

そんな時に目にしたのが肝臓エキスという成分。

 

[char no=”1″ char=”オジサン困った”]

文字通りなんとなく肝臓に良さそうだけど、本当に脂肪肝などに有用な成分なのか?

肝臓のためには動物の肝臓を食べるのが良いって言うけど本当か・・・?

[/char]

疑問を1つずつ紐解いていきたいと思います。

脂肪肝に肝臓エキスは有用なのか?

結論から言ってしまうと、肝臓エキスは豊富なアミノ酸を含むので、適切量を摂取する限りは脂肪肝対策となり得るでしょう。

 

後ほど述べますが脂肪肝対策として、運動野飲酒の制限の他、食物繊維やタンパク質の適切な摂取は脂肪肝対策にとって有用なので。

 

参考:http://www.health.ibaraki.ac.jp/ibaraki_HP/s-shiboukan.html

なぜ脂肪肝になるのか?

脂肪肝になる原因は複数あるのですが、ここではアルコール性の脂肪肝について 原因を考察していきたいと思います。

 

まず、 アルコールは脂肪肝の原因となります。アルコールが肝臓で分解される際、中性脂肪が合成されやすいためです。

 

また、アルコール自体もカロリーが高くそのおつまみも高カロリーです。するとどんどんメタボ体型になっていきます。

 

そして肥満の人は脂肪の燃焼効率が悪く、肝臓の中性脂肪もなかなか燃焼されないという負のスパイラルに陥ります。

 

これで脂肪肝の完成です・・・。

 

参考:https://www.sawai.co.jp/kenko-suishinka/illness/201412.html

確実に効果があるのは運動

脂肪肝対策として効果があるのはやはり運動です。1日あたり30分以上のウォーキングをすることで、 脂肪肝が改善したというような報告もあります。

 

肝臓に溜まった脂肪酸が遊離脂肪酸となって放出するため、1日30分以上のウォーキングが効果的で、肝臓の脂肪を減らす働きがあると報告されています。

緑茶も良い

ちなみに緑茶を飲むことも脂肪肝対策が良いです。緑茶に含まれるカテキンが体内の活性酸素を除去する働きをしてくれます。

 

また、悪玉の ldlコレステロールを下げる働きがあり、 肝臓に脂肪がたまるのを防いでくれるのです。

間食や果糖を控えめに

注意が必要なのは果糖です。果糖は吸収が良く肝臓で容易に中性脂肪になります。

食べる順番にも意識を

食べる順番にも意識をすることが必要です。ポイントは血糖値を急速に上昇させないこと。

 

空腹状態で先に甘いものを食べると、インスリンが活発に反応し、血液中の頭を中性脂肪として蓄えるようを働きます。

 

これは肝臓も同じことなので、血糖値の急激な上昇は脂肪肝のリスクを孕みます。

 

ですから脂肪肝対策として食べる順番としては、野菜などの「おかず」 から食べていくのが肝臓に優しい食べ方です。

肝臓エキスと脂肪肝の結論

  • 肝臓エキスはアミノ酸(タンパク質) を豊富に含むので肝臓に良い食べ物。
  • 脂肪肝対策としてはタンパク質を適切に摂取することが必要なので、 肝臓エキスは対策の一つとなり得る。
  • ただしタンパク質の過剰摂取は逆に肝臓に負担をかけるので注意が必要。

 

肝臓数値対策に特化するのであれば、オルニチンが豊富なしじみエキスタウリンが豊富な牡蠣エキスなどをブレンドした商品が良いでしょう。

 

代表格としてはレバリズム-Lが挙げられます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*